WordPress

Redirect/特定URLを別のURLに転送する

特定メニューを選択したら、別のURL(他のページやほかのサイト)に飛ばしたい時があると思います。そのような場合では、Redrectionプラグインを導入することで、簡単に対応することができます。

ポイント

ポイント

  • Redrectionプラグインを導入する
  • リダイレクト元・リダイレクト先のURLを確認する
  • Redirectの設定を行う

対応手順

step
1
Redrectionプラグインを導入する

WordPressの管理画面で、プラグインを追加画面で、「redirect」で検索をし、表示されたRedirectionプラグインを、インストール・有効化します。これは、すでに導入済みであれば、不要です。

step
2
リダイレクト元・リダイレクト先のURLを確認する

転送元・転送先のURLを確認します。もし、転送元となるページがなければ、固定ページなどを作成します。ここでは、メニューに表示された tips.priart.net/priart/ の固定ページから、https://priart.net/ に転送する設定を考えます。

step
3
Redirectの設定を行う

導入したRedirectionプラグインの設定を行っていきます。プラグインの設定から、「転送ルール」を開き、下記のように設定を追加します。

ソースURLは、転送元となる固定ページや投稿のURLを、ターゲットURLには転送先のURLを記載し、追加することで対応できます。

リダイレクト用HTTP ステータスコード

リダイレクトは、HTTPのステータスコードで、表現されます。上記設定で、「301 - 恒久的に移動」があるリストの意味は、以下のようになります。細かい点については、HTTPステータスコードの意味を調べてほしいと思いますが、WordPressで使う上では、「301 - 恒久的に移動」か「308 - 恒久リダイレクト」を選べば問題ないかと思います。

ステータスコードステータスメソッドメソッド
301Moved Permanently変更不可変更可
302Found一時変更可
307Temporary Redirect一時変更不可
308Permanent Redirect変更不可変更不可

-WordPress

© 2020 Priart